活魚水槽の導入事例

活魚水槽・生簀設備が、飲食店にもたらすメリットとは?

活魚水槽・生簀設備といえば、何といっても思わず見てしまうアイキャッチ性の高さが“売り”ですが、導入メリットはそれだけにとどまりません。ここでは“活魚のプロ”である当社がお客様に提案し、成果を上げた活魚水槽・生簀設備を使った販促事例をご紹介します。

樽型活魚水槽“魚樽ふぃっしゅ”導入

他店舗との差別化と、新たな客層の取り込みに成功!

新たなお客様を呼び込むため、鮮魚を使った新しい取組みを模索していた寿司チェーン店A様。なるべく低予算で集客が見込める水槽をという希望から、割安なリースプランのある当社オリジナル樽型活魚水槽“魚樽ふぃっしゅ”の導入をご提案しました。
自由に移動ができるという特徴を生かし、入り口付近に設置したところ、生きた魚が見られることにより、お子様連れなどの新たな客層の取り込みに成功。また、活魚を取り出してから調理してテーブルに運ばれるまでの一連の流れが“パフォーマンス”としての役割を果たし、他店舗との差別化も可能に!活魚の配送の際、当社担当者が季節ごとの商材情報や魚を使った看板メニューなども提案。“売れる商品”として活魚を展開することにより、売上のアップに成功しました。

魚樽ふぃっしゅについてはこちら

※実際の製品とは異なる場合があります。

水槽自体が“シンボル”となり、集客力を高めることができます。また、担当者が様々な情報を提供するので、新メニューや一押し商品の企画など、効果的な販売促進活動ができるようになります!